純粋に巨大建設プロジェクトとしてみたらワクワクする米墨国境の壁

 アメリカのトランプ大統領の公約の中でもインパクトの大きなものに米墨国境の壁建設というものがありますが、この公約の実現に向けて一応の全身を見せているようです。
jp.wsj.com

 米国境管理当局者によると、1カ月をかけて国境沿いに建造する8つの試作品のうち、4つはコンクリート製、ほかの4つは代替材を使う。

 複数の試作品を使って評価するというところがなんともアメリカらしいスケールの大きさですね。

 

その是非はともかくとして3,200kmもの壁を建設するという巨大なプロジェクトはワクワクするものがあります。実際にアイデア段階でもたくさんの案が出ているようです。

jp.wsj.com

 実際に、これらの案が試作までこぎつけたのかは不明ですがどんなものが出来上がるのか楽しみではあります。ソーラーパネルを設置なんて話も出ていますしね(笑)

 

なんにせよ、実現すれば途方もない規模のヒト、モノ、カネが動くことになるこのプロジェクトですから多方面から考察する余地がありますね。